スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し間抜けな私の王子。

2011.08.06 09:59|サルーキ
ジョルジュがお空に旅立ち 早2週間が経とうとしています。

時間とゆうのは早いものでどんなに1日泣き叫んでも

1日どんなに無駄に過ごしても平等に時間は流れて行くんですね。

実際ここ10日あまりは酷いものでした。

ほとんど睡眠はできず、食事もほぼとっていません。

寝ようとするとジョルの最後の光景が浮かんでくるのです。

苦しい顔 涙目な目。

なにもできなかった自分。


そんな毎日で寝ることはおろか食事もとれませんでした。

そんな生活が続いてた11日目の朝。

ウトウトしていたらさすがに体力の限界からか

寝てしまいました。


すると夢の中にジョルジュが出てきました。

いつもの様に綺麗な顔で そして私をジッっとみて

私を包み込むような優しい暖かい目でずっと私を見ていました。

何も言わず、ずーっと私を見つめててくれました。


目が覚めてみると思いすごしかもしれませんが

確かにジョルジュの匂いが・・・。


来てくれたのかな・・・とゆう想いと同時に

えっ もう逝っちゃたの?(笑) って気分でした。

昔 母親に夢に出てくるのは成仏出来たってことなんだよって

言われた記憶があったので。


ちょっと早くない?

私まだまだ側にいたいよ。

薄情者めっ!!(笑)


でもきっとずっと自分を責めていた私に大丈夫だよって

言いに来てくれたのかな。

もっともっと沢山思い出作りたかった。

犬を家族に迎えることでいつかは来てしまうお別れの時。

分かってる。分かってるよ?

でもね突然すぎたんだ。


ジョルジュ。

あなたはとってもいい子だったね。

5歳で家に来てくれたね。

はじめは本当に臆病な顔して いつも

ワタシドウスレバイイデスカ?

みたいな顔して 甘え方もおやつの食べ方も散歩の仕方も全然分からなくって

トイレも上手にできなくって。

私、何枚カーペット買い直したとおもってるの?(笑)

初めは外も怖がって玄関すら行こうとしなかったから

リードを部屋の中で付けて練習したよね。

今思うとおかしいね(笑)


お兄ちゃんラルフをよーく見て

おやつの食べ方 散歩の歩き方 そして家族への甘え方を覚えたよね。


ドッグランに行って初めは端っこでボーっとしてたあなたが

最近じゃ私のこと無視して他の子とさっさと遊びに行っちゃって

私嬉しくもあり悲しくもあったんだからね。(笑)


私にはまだ小さい子供もいたから 一心にってことは正直できなかったかもしれない。

色々我慢させたかもしれない。

でも謝らないよ?

だって家族ってそうゆうものだから。

みんなが少しづつ我慢しても我慢出来る 

我慢しててもそれが気にならないのが家族って思うからね。

そこに信頼があるからね。


最近は本当に犬が変わったように?甘えん坊だったよね。

初めは呼んだって全然来なかったくせに

最近じゃ体のどこかがくっついてないと不安みたいで

必ずどこか くっつけてきていたけど 正直痛かったよ。(笑)

だってあなたはゴツゴツしてるんだもの。


そしてどこでも着いてきたよね。

私がお風呂入ると扉の前で監視。

トイレに行けばドアを開け監視(笑)

なんなんですかあれは。(笑)


自分の体重も気にしないで私のお腹の上にバシバシ手を乗せてくる

あなたに オバカ!重いよ!って言いながらも実はいつも私がニヤけてたの知ってる?


3人(私・ジョルジュ・ラルフ)で座っていたあなたのお気に入りのソファーも

あなたが居なくなってなんだか大きく感じるよ。

それと同時にあなたの大きな存在も。


49日まではまだ居るよね?

だからジョルジュが大好きだった左の席はあれから誰も座ってないよ?

あそこがジョルジュの特等席だもんね。

いつでも座っていいからね。



ねぇジョルジュ。

幸せだったかな?

ジョルジュが亡くなった事みんなに知らせたよ。

家に来てあなたを触ってくれた人 思い出す限り電話して

ありがとう言ったよ。

したらね、私は泣いちゃいけないって思って毅然としてたのに

みんなの方が先に泣いてたよ。

ジョルジュの事を写真でしか見たことない人も

コメントくれたよ?

あなたに会ったことないのに 生まれてきてくれてありがとうって

言ってくれた人がいたよ?



ジョルジュのおかげで沢山の人に出会えました。

暖かい言葉も 人の優しさにも触れました。

ジョルジュと過ごした1年間は短かったかもしれない。

でも沢山幸せを貰いました。


6歳とゆう若さで亡くなってしまったジョルジュ。

6年間とゆう人生を全力で駆け抜けた姿はまさにサルーキらしく

優しく誇り高かったジョルジュ。

私の誇り。



今すぐ触れたい。

今すぐ一緒に散歩に行きたい。

同じ風を感じたい。

一緒に写真を撮りたい。


でも1人じゃできないよジョル・・・。


お家だってジョルジュに前の家は狭かったから

引っ越したんだよ?

地震があって本当に怖がってチビッってしまったから

耐震性に優れたとこに引っ越したじゃない。

念願のお庭があるとこにしたんだよ?

3か月しか居なかったじゃない。

気に入らなかったかな。

ねぇ 教えて?

私はあなたの目にどう映ってたの?

あなたから見るこの世界は素敵だった?




本当はこのブログもジョルジュが来てから書き出したから

もう閉鎖しようと思ったんです。

でも思い出の写真もあるのでもう少し続けようかな。

まだまだ前を向くには時間はかかりそうですが

少しずつジョルの為にも家族のためにも前を向こうと思っています。


最後に本当にブログを見てくださった皆様

ジョルジュを知って下さった皆様

本当に本当にありがとうございました。



ジョルジュの母に慣れてよかった。




私は幸せです。



22380195_327529799_198large_20110806095737.jpg


私がそっちに行ったら聞かせてね?ジョルジュ。


にほんブログ村 犬ブログ サルーキへ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメさん

コメントありがとうございます。
私はたった1年しかジョルジュと過ごせませんでしたが
逆に1年過ごせたことに感謝しています。
私の29年の人生の中で1年とゆう時間を彼と共有出来たことを幸せに思います。

もしかしたら私の人生に無かったかもしれないと
考えればこの1年は私にとって大きな1年だったからです。

どんなに手をかけても どんなに可愛がっても
可愛がった分 想った分後悔が大きいんだと思います。

わたしはジョルジュの5年間を知りません。
だからジョルジュが来たときもしかしたら
あと10年一緒に居られないかもって思っていました。
だからジョルジュの1日は世界の1年分ぐらいの
時間と思って接しようって思いました。

だからそれが出来ていたかは分からないけど
出来ていたとしたら389日 389年分の愛情を注いだつもりです。
世界にとっては1年ちょっと。
でも私とジョルジュにとっては389年一緒に居たんだって今は思います。

別れは悲しいものです。
生きている限り絶対きますよね。
どんなに覚悟していたって辛いです。
でも最後まで犬は飼い主を思ってくれますよねきっと^^

私は 鍵コメさんのコメントがとっても嬉しかったです。
とてもコメントしずらいブログだったと思います。
でもジョルジュを思ってくれて嬉しかったです。

こんなママを持って鍵コメさんのワンちゃんたちは
幸せですね^^

長くなりすいません。
本当にコメントありがとうございました。

まだもう少しジョルジュとの思い出を
明るく私らしく書こうと思ってます。
よかったらお付き合いください。

本当にありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめてメール差し上げます失礼をお許し下さい。
東京在住の宇佐美と申します。私は昨年三月にダックスを15歳で亡くしました。その後なんヶ月も色んな事を考えて、脱力したようになっていました。初めは他のわんちゃんを見るとかわいらしくてうれしいのに辛かったんですがだんだんさみしくなって居た時、ひょんなことから、このブログにたどり着き、ママとラルフ、ジョルジュ君とのあったかい生活にとても癒されていました。それから 保護犬のことを知りブラックタンのダックス。ここを引き取り、ココが縁でウイペットも飼うことになり今では2頭ですが二人とも前の子のアリエルが私達家族にもう悲しまないでって連れて来てくれたんだと思われるような不思議な縁です。
ブログが更新されなくなってからとても心配していたのですが、本当にお気の毒です。今日のぞいてみてびっくりしました。ワンコたちはとても大切な家族でそれは過ごした年月の長さには関係ないことで、失った空白は他のものでは埋められないけれども
ジョルジュ君は本当にしあわだったはずだからジョルジュ君にとって大切なママたちがいつまでも 辛く悲しい思いでいることは決して望んでいるはずが無いのですこしずつでも元気になってください。巡り合えたのはきっと運命だと思いますので。興奮してしまって涙が止まらなくなって文章のつじつまが合わなくなってるかもしれません。でも わたしも今は前のワンコのありえるのことは、傍には居なくなってしまったけどきっとまた会えると静かなきもちで話せるようになりました。ですから
ゆっくり時間に任せて元気になっていってください。応援していますのでブログも続けてくださいね。

Re: No title

8月6日の鍵コメさん

コメントありがとうございます。
そうですね。
そばにいて触れることはできないけど
想ってあげること。
忘れないこと。
ジョルジュに教えてもらったこと。
沢山の事を私にのこしてくれました。

私はそれを胸に前を向いていきたいと思います。
きっとジョルジュも私の悲しい顔より笑った顔が好きですもの。

本当にありがとうございました。
ジョルジュとは少しのお別れですが私がいつか向こうに行ったとき
胸張って会えるよう家族を大切にしたいです。

本当に暖かいお言葉ありがとうございました。

No title

ココベルさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
とても暖かいお言葉に涙が止まりません。

ジョルジュやラルフのことも知って下さって
本当に嬉しいです。

ココベルさんのお辛い気持ちを思い出させてしまって
すいません。
そして私のまとまりのないブログを見てくださっていた事とても嬉しいです。

私はジョルジュがはじめての里親でした。
初めは大型犬とゆうのも不安でしたが
それ以上に精神面のほうが不安でした。
私はちゃんとママになれるだろうか
ジョルジュに気に入ってもらえるだろうか・・・。
でも最後に私の前まで来てくれた事
とても嬉しく感じました。
あぁママって認めてくれたんだなって思いました。

ココベルさんのお家にも保護犬がいらっしゃるんですね。
こんな素敵なママでダックスちゃんもウィちゃんも
幸せですね!

ジョルジュは居なくなってしまったけど
ジョルジュは私に沢山の事を教えてくれました。
その気持ちはジョルジュの生きていた証になります。
だからジョルジュが残してくれたものを大切にしたいです。

ブログ続けてください この言葉本当に嬉しかったです。
本当に本当にありがとうございました。
暖かいお言葉ありがとうございました。

またよかったらのぞきに来てくださいね^^
頑張って続けます。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Chaso.

Chaso.

Author:Chaso.
いつも元気で俺様キャラ。私の支え。


  *チワックスの兄 ラルフ*
  
    2009年5月15日生まれ



いつも優しく王子キャラ。私の誇り。


  *サルーキの弟 ジョルジュ*

    2005年4月25日生まれ
    2011年7月26日お星様に

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。